放射能検査

原料産地、放射能測定及び対策について

●商品の放射性物質検査
 2011年11月より弊社にて製造した最終商品の放射性物質検査を開始いたしました。検査機器はベルトールド社の高感度NaI(TI)ガンマ線スペクトロメーターLB2045(検出限界1Bq/kg)を使用しております。

 弊社では放射性セシウム134及び137合算で4Bq/kg以下を基準とし、当検査器の導入後、全ロットを測定しておりますが、これまで基準値を超える商品は出ておりません。

●今後の原材料産地について

 福島原発事故発生後、皆様から産地のお問い合わせのお電話及びメールが大変多く、また、東北・関東産の農産物の使用を控えてほしい旨のご要望も多いため、今後の原料の産地といたしましては、基本的には、皆様が心配される福島原発事故後に収穫した東北・関東地方の原料をできるだけ使用しない方向で検討しております。

 2011年12月現在、弊社にて使用しております原料の大半は、原発事故発生前の原料を使用しております。従来、弊社にて使用しております原料が国産の場合、都道府県レベルでの産地限定はしておりませんでした。(一部商品には包材に都道府県産地を表示し、産地を限定しております。)
 前述のように原発事故以降に収穫した東北・関東地方の原料の使用をできるだけ控えていくことを検討しておりますが、都道府県の産地限定は従来通りいたしません。しかしながら、一部産地の原料の安全性に疑問が生じた場合は、従来使用していた都道府県の産地を変更する可能性がございます。 なお、特色やこだわりのある一部原料は限られた地域でしか収穫できず、今後も産地を変更せずに使用する可能性もございます。
 『国内産有機りんご使用 とんかつソース 250ml』に使用している国内産有機りんごは青森産しかないため、2011年収穫分の検査を実施し、1Bq/kg以下であることを確認できましたので、今後も青森産有機りんごを使用いたします。
 また、『職人の夢 こんなソースが作りたかった 有機中濃ソース 200ml』には海外産有機りんごと国内産有機りんごを使用しておりますが、こちらも前述同様、国内産有機りんごは青森産しかないため、今後も青森産有機りんごを使用したします。      
 『国内産有機こんにゃく粉』に関しましても群馬産しかございません。2011年収穫分の放射能検査は有機こんにゃく粉メーカー様が外部機関に依頼し、ゲルマ二ウム半導体スペクトロメトリにて、問題ないことを確認しております。また、当原材料の使用量が商品中に微量しか含まれないため、今後も群馬産有機こんにゃく粉を使用いたします。


 なお、福島原発事故の影響により国産原料が不足するなどの事態が発生した場合は、国産原料を海外産原料に変更する可能性がございます。

▶放射能検査結果はこちら